読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

no results

ssw鳴海徹朗。sswはシンガーソングライターの略

お知らせと8月

9月にライブが入りました。

9月6日(日)

青森サブライム

開場17:30 開演18:00

前売¥1,200 当日¥1,500 ※1drink¥500別

出演

Free Sound Orchestra

シベリアンハスキー

mikaco

どきどき☆インディアン

鳴海徹朗

予約はこちらで→ライブ | Facebook

またはtc_tn625@yahoo.co.jpまで。

 

 

それともう一つ。

10月3日(土)に2度目の夜行庭園を開催します。

詳細はもう少しお待ちください。どうぞお楽しみに。

 

 

あとはついでに8月にあったことなど・・・。

 

紅鶴(フラミンゴ)というユニットの子に、5月に同じ企画に出た際に曲を作ってみたらどうかと伝えたところ、先日、曲が出来たので聴いて欲しいという連絡をもらい、ライブに行ってきました。

もちろんある程度の期待を込めて曲作りを勧めたけれど、予想以上に上手くいっていて嬉しくなりました。

やはり10代の頃の完成は特別で、今しか生み出せない曲だったと思います。

僕が言わなくても曲はそのうち作っていただろうけど、少しでもその後押しを出来たのであれば嬉しいことです。

最近ライブハウスの出演も増えているようだし、青森の駅前でも歌っているようです。

 

 

 

8月限定で一日一句という企画に参加しています。

原則一日に俳句を一句メールで投句するというものですが、現在5日分ためています。

投句したものの中から少し

 

・その写真遺影にいいね夏の海

・どうしたら恋は喜ぶキリギリス

・憧れも諦めもあり秋蛍

 

 

 

新しい靴をはいて

 今日は年に数日しかない完全な休みでした。

たまには誰かを誘って出かけようと思い、月曜でも空いているかもしれない数人に声をかけたけれど、全員にふられてやはりひとり。

 

 今月末、友人の結婚式があります。もう34歳だし、一足良い靴を持っておこうと思い、弘前セレクトショップcientへ。今の場所になってからは初めて行ったけど、移転してからもう十数年経っているとのこと。高校を卒業してから初めて行ったようです。あっという間。

 接客してくれたのは僕より4つだけ年上の方で、懐かしい話が出来ました。なかなか高校生が買える値段の服屋ではないのに、ここのお店の袋を提げて登校している人がたくさんいて不思議に思っていたけれど、すこし謎が解けてよかったです。

  肝心の靴は、とても良いのがあって

「良い靴を履きなさい。良い靴は履き主を良い場所へ連れて行ってくれる。」

という言葉の意味がわかる気がします。

調べたら、上原ひろみの夫のブランドの靴でした。

  そういえば僕の履いていたジーンズ、外見からはどこのものか解らないと思うのですが、ピタリと当てられて驚きました。

 

 その後は青森へ行き、気になっていたcafe chienomiへ行ってみました。

青い森鉄道の筒井駅のすぐそばにあります。

極上マンデリンを頼みましたが、美味しすぎて戸惑いました。本当に極上。

f:id:tn625:20150713212405j:plain

知恵の実ブレンドもすっきりして美味しい。

考え事が捗りました。

店内にmorrisのギターが飾ってあり、Jack Johnsonの曲がずっと流れていました。

 

 

 今月の28日、まんぶるずでライブがあります。

まんぶるずで歌えるのはこの日がきっと最後です。

新しい曲を歌うので、聴きに来て下さい。

 

 

7月28日(火)

furuwasu Vol.10@まんぶるず

開場 19:00 / 開演19:30

前売 1,000 / 当日1,500  *drink別

出演:コウサカアキオ 相馬智行 ツシマケンタ 鳴海徹朗

 

 ご予約受け付けています。

 tc_tn625@yahoo.co.jpまで。

 

 

 

0708

ここでライブ告知はしないと思っていましたが・・・。

 

7月8日、来週の水曜日です。

 

7月8日(水)

Songs On The Run Vol.18

会場:Robbin's Nest

https://www.facebook.com/robbinsnest.hirosaki?fref=ts

ぽていと1stミニアルバム "世界はきっと"レコ発ツアー 

17:30/18:30

¥1500/¥2000(+1drink)

 

出演:ぽていと(東京)  相馬智行  nicotine 鳴海徹朗

 

この企画は、ぽていと君という人のレコ発ツアーということで、もちろん彼を観に来てほしいのですが、僕はnicotoneをぜひ見に来てほしいと思っています。

nicotoneはこのライブ後、しばらく活動を休止するからです。

nor thmall labのコンピレーションアルバムを聴いたとき、一番気になったのがnicotoneでした。カラフルポッププロジェクトと名乗るのにふさわしく、シンセ、サンプリングなどを上手に使った、この辺りではまずお目にかかることのないポップセンスに驚かされました。

一度、どうしたわけかnicotoneって鳴海さんですか?と尋ねられたことがあるのですが、その時はもう「実はそうなんですよ」と答えてしまいたかったほどです。

 

何度かあいさつ程度の話をすることはあったものの、初めて同じイベントに出演したのは今年の3月の夜行庭園で、それからようやく色々と話せるようになりました。その後5月にコトリカフェで一緒にライブをして、今回でまだ3度目です。

もちろんまたnicotoneとしての活動も再開されるとは思いますが、やはり少し寂しさもあり、ぜひこの機会に観て欲しいと思っています。

 

相馬君は同じ企画に出演するのは初めてで、彼のバンドの曲を動画で聴いたことがあるだけですが、曲は良くできていて、演奏も上手いです。僕とは違って、ミュージシャン、という印象です。機材など細かいところへのこだわりも感じられ、そういうのがあまりにも乏しい僕は、彼の目にどう映っているのか、考えると怖いので考えません。

 

僕は今回、カバーを多めにしようと思っています。

自分の曲がカバーされた嬉しさに、まだひたひたに浸っているのです。

 

ご都合のつく方にはぜひ来てもらいたいライブです。

ご予約を待っています。

 

 

思い当たる節がある

昨日の記事のこぼれ話。

 

最近よく僕が演奏している「Family」という曲はwater water camelというバンドの曲で、実際は解りませんが、兄が少し頼りない甘ったれた弟に対してうたっているイメージです。

 

昨日の記事に登場した田辺玄さんはそのバンドのメンバーなので、勝手にカバーしてうたっていること、ほぼ原曲のままだけど僕がうたうと少し陰りがあるふうになることを伝えたところ、

「鳴海くんがうたうと弟の方がうたっている感じになるんじゃない?」

と言われてしまいました。

 

”せめて癇にさわる 甘ったるい眼をやめないか”

 

・・・・・。

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

19810625

東京へ行ってきました。

 

出発前の青森は本当に久しぶりの雨で、心地よい涼しさでしたが、東京は曇り空で、身体にまとわりつくような蒸し暑さ。この感覚もまた久しぶりでした。

歌をうたうようになってからは毎年東京に行くようになり、どこへ行くにも随分慣れてきました。

 

今回の目的は、僕の「雪が降る」のカバーが収録されている、森ゆにの新作『祝いのうた』リリース記念ライブを観ることで、行き先は永福町のソノリウムというところ。東京駅から山手線で渋谷まで行き、井の頭線への乗り換えも迷うことなく。

2階の窓からみたスクランブル交差点はおびただしい人、人、人、人、人。

 

永福町駅はこじんまりとしているけれど、中には花屋や雑貨店などがあり、続く商店街は老舗から新しい店の混じる楽しいところ。その通りを少し歩いていくと大圓寺という立派なお寺があり、ちょうどその向かいにソノリウムがありました。

 

100人と少しで満席になる小型のホールで、ちょうど僕が青森にもあればいいなと思っていたような会場。

 

ホールの端に音響の田辺玄さんとジャケットなどトータルデザインを担当している大槻あかねさんを見つけて少し話をしました。玄さんは僕の録音もしてくれた人で、今回の森ゆにの新譜ももちろんこの人の録音です。いま家のスピーカーで聴いていますが、まるで誰もいないホールで聴いているような気がして、じんわりと心身に沁みこんでくるような音がします。大槻あかねさんによるデザインは本当に細やかなもので、ジャケット、歌詞カードをこれほどまじまじと見たのは初めてなのではないかと思います。ぜひ手にとって欲しい作品です。

f:id:tn625:20150627220932j:plain

f:id:tn625:20150627220938j:plain

f:id:tn625:20150627220929j:plain

 

開演の時間が近づき、会場はほぼ満席。お客さんは老若男女まるで関係無く。

 

森ゆにの演奏を一客として聴いたのは今回が初めて。

少し硬質で凛としたピアノの音色が本当に好きです。

僕の火まつりでこの人にピアノを弾いてもらっていますが、何度聴いても嬉しい。

1曲目「あなたはあなたで」は3年前の百石町展示館での演奏の時と同じで、その後、今回のタイトル曲「祝いのうた」。

 

以前、最近調子どう?と聞いた時の彼女の答えが「ウルトラヒットを書きました」だったのですが、おそらくそれがこの曲。歌詞に「葡萄」が出てきて、甲府で出来た曲だとわかります。本人も言っていましたが、甲府に住み始めたことによる変化が出ているアルバムで、あの街の風景を思い出すことが最後のピースとなっているような作品。

f:id:tn625:20150627220923j:plain

前作「シューベルト歌曲集」から「野ばら」が演奏され、その後、カバーついでに(!?)と僕の「雪が降る」を演奏してくれました。この曲を気に入ってくれているお客さんもいるようで、本当にうれしい。

 

聴きながらやっぱり目が潤みました。以前、長谷川健一さんがカバーしてくれたのを聴いた時もそうでした。

 

敬愛するこの音楽家たちは教えてくれます。

 

他に誇るものが無くても、全然売れていなくても、僕自身がどれほど取るに足らない人間だとしても、確かに僕が生み出した「雪が降る」は素晴らしい曲だ。

f:id:tn625:20150627222309j:plain

そう教えてくれた人の一人が、偶然にも全く同じ日に生まれたこの人で嬉しい。

 

『祝いのうた』に連れられて、「雪が降る」も各地へ届けられます。

 

僕はもっと音楽家でいたいと思う。

 

 

森ゆにHP

f:id:tn625:20150627222325j:plain

 

アナログ

f:id:tn625:20150614193205j:plain

先日の音楽ナイトの会場に、前から買おうか迷っていたレコードプレーヤーがありまして。直に見てしまうと欲しくなってしまい、一昨日アマゾンで見てみたらsaleで2,000円引き。よってこの様です。

 

最初にかけたのは長谷川健一LOSTAGEの7インチ。

www.youtube.com

 

音の違いに驚いて感動していましたが、さっきThe Earth Earthの大嶋君がカセットデッキを買って、レコードから録音しているとツイートしてて、自分のにわか具合にテンション落ちています。

 

次。

前に僕のラジオにマニアックなプログレばかりリクエストしてくる人がいて、意地になって用意してかけてたのですが、CDだと思って注文したらアナログ盤だったやつ。届いた荷物がやたらでかくて驚いたのを覚えています。イタリアン・プログレ

買ってから初めて聴いたけどけっこうカッコいい。

f:id:tn625:20150614193936j:plain

 

7月になればGofishトリオと柴田聡子のアナログ盤が届くので楽しみです。

Gofishトリオと柴田聡子 - 思い出が消えちゃった by Sweet Dreams Press | Free Listening on SoundCloud

 

あとmmmのsafe modeのアナログ盤も欲しくなってしまいました。

mmm - long days with television [from "Safe Mode" CGCG-036] by CGCG Pub. | Free Listening on SoundCloud

 

 

 

他には持っていないので

父親のレコードを漁ってきました。

f:id:tn625:20150614193956j:plain

f:id:tn625:20150614194012j:plain

f:id:tn625:20150614194005j:plain

f:id:tn625:20150614193957j:plain

f:id:tn625:20150614193959j:plain

 

 

 

f:id:tn625:20150614194009j:plain

f:id:tn625:20150614194010j:plain

 

 

f:id:tn625:20150614194003j:plain

 

f:id:tn625:20150614194007j:plain

f:id:tn625:20150614194016j:plain

f:id:tn625:20150614194015j:plain

f:id:tn625:20150614194011j:plain

f:id:tn625:20150614194021j:plain

f:id:tn625:20150614194000j:plain

 

 

 

NIJNTJE

f:id:tn625:20150610193711j:plain

 

午後から休みだったので行ってみました。青森県立美術館ミッフィー展。

"Simple" is "best".と簡単に言いますが、このシンプルの難しさを思い、少しシリアスになって美術館を後にしました。

アーティストやクリエータ―の方々がミッフィーに装飾してるのはあまり面白くなかったけど仕方がないと思います。

 

この絵が気に入っています。水着。

f:id:tn625:20150610195529j:plain

 

 

駅ビルでフラミンゴ1羽見た。